ごうどうまづら

 

仙台・青葉まつり参加表明 合同祭連  喜・粋・名・宮・雪・六・でございます。

さあ~どこの祭連かクイズです。

正解は、喜月・夢祭連粋樂・名取雀連&すずめっこ・宮城(みやぎ)のすずめ連・雪雀・六郷すずめっこでした。

「東日本大震災十周年特別祭礼 仙台・青葉まつり」
我々は感染予防対策にのっとり、皆で楽しく、元気を発信、「疫病退散、安息の祈り」を込め参加したくても職業柄自粛、守るべく家族の感染対策の自粛の哀しみの中から参加表明をしました。

思い起こして東日本大震災、この世の終わりの渦の中、私たち仙台すずめ踊りの祭連は踊って元気発信。その年、開催された東北六魂祭。やっぱり踊るしかない、奏でるしかないを痛感致しました。
日本人には「祭」はなくてはならないもの。東北に足を運んでくださった皆様には、感謝致します。3・11を風化させないことを、再確認し復興の喜びを共に感銘したかったのですが・・・

そして去年に続き2年越しの仙台・青葉まつりの中止。なんてことでしょう。練習もせず、ぶっつけ本番で、仙台すずめ踊りが大好きな合同祭連と参加できない仲間の分まで、震災の絆、祭の絆、開催の感謝の気持ちを元気に発信する思いを叶えることは、出来ませんでした。

しかしながら思います。「祭」は消えることなく再開出来ます。笑顔と、子供達の元気な掛け声と大好きな露店、挨拶の交わしあい、美味しいお酒をたっぷり楽しめるようになるまで、焦らず、急がず、待ちましょう

必ず、復活を信じましょう。