about jidai suzume accessinfo

2018年みどころ:まつりの日に郷土の歴史をまなぶ まつりDE学び座


昨年、政宗公生誕450年祭のトークセッションを開催し、多くの方が詰めかけました。歴史好き、政宗公好きの愛好家から歴女、親子連れなど歴史を感じたい市民も多くかけつけてくれました。「市民がつくる市民のまつり」の仙台・青葉まつり。まつりの日に、踊らなくても参加できる、歴史が学べる講座を開催します。今年は明治という時代になって150年。そして、戊辰戦争から150年の年でもあります。しかし、歴史の時間に学んではいるものの、修学旅行で行った白虎隊の事しかわからないという声も聞こえてきます。このわかるようでわからないのがこの時期のお話です。東北の勇・仙台藩はその時どう動いたのか?仙台からの目線で、幕末から明治の激動の時代を学んでいきます。そうは言っても、おまつりの日。仙台市博物館の学芸員をお迎えして、伊達武将隊の支倉常長の軽妙なトークで、楽しく学べる講演にしていこうと思います。

まつりDE学び座「戊辰戦争から150年。戊辰戦争ってなぁ〜に?(仮)」
5月19日(土)13:00〜14:30 メディアテーク1階 オープンスクエア
司会進行:支倉常長(伊達武将隊)
対 象 :中学生以上
入場無料