about jidai suzume accessinfo

2018年みどころ:伊達忍者 黒はばき組が、伊達縁に忍者小屋(伊達縁)


仙台藩にも忍者がいた。伊達政宗公が、出羽三山に集う修験僧などからなる忍者集団を創設し、すねに黒い脚絆をつけていたことから黒脛巾(くろはばき)組と呼ばれていたようです。(諸説あります)
そこで、この黒脛巾組に恋した現代の女性らがなんと忍者小屋を伊達縁につくり、なにやら優秀な忍者を育成しようと企てているようです。吹き矢、手裏剣で的を狙ったり、忍者になりきって写真を撮ったりと、まさに現代の忍者養成小屋が初登場します。

忍者体験小屋(伊達縁内)両日開催